Tシャツのサイズ感と素材感・オシャレに着こなすポイントについて解説

Tシャツのサイズ感や素材感、オシャレに着こなすポイントを解説する記事です。Tシャツは、一年を通じて活躍してくれるファッションアイテムです。アウターにインナーに、そして重ね着にも使えるオールラウンダー的なウェアのTシャツは、おそらく持っていない人はいないのでは?というぐらいメジャーな存在です。しかし、その着こなしに意外に迷いを感じている人もいるようです。

Tシャツのサイズ感と素材感

Tシャツは、一年を通じて活躍してくれるファッションアイテムです。アウターにインナーに、そして重ね着にも使えるオールラウンダー的なウェアのTシャツは、おそらく持っていない人はいないのでは?というぐらいメジャーな存在ですが、その着こなしには意外と迷っている人もいるようです。Tシャツは、もちろんファッションですからかっこよく着こなすに越したことはないのですが、同時に個性を表現するアイテムでもあります。あまり気にせず自分らしさを出すことが、かっこよさにつながります。そうは言っても、「基本ぐらいは知りたい!」という方のために、Tシャツの基本であるサイズ感や素材感と共に、オシャレに着こなすポイントについてご紹介していきます。

Tシャツのサイズ感について

サイズの合っていないTシャツを着ると、何かいつもとは違うイメージに見えてしまいます。Tシャツは、そのサイズ感が見栄えを大きく左右するアイテムなのです。いつも同じTシャツを繰り返し購入するのならまだしも、「いつもMだから、このブランドでもMでいいだろう」という感じでサイズに無頓着なのであれば、それは見直すべきです。Tシャツはブランド、そして同じブランドの製品でもいくつかのボディバリエーションがあり、当然、サイズ感にも違いがあります。もちろん好みもありますが、自分の体型にしっくりくるサイズ感を知ることは、Tシャツの着こなしにおいてもっとも大切なことです。

Tシャツのサイズ感・着丈、身幅、肩幅

Tシャツのボディは通常、着丈、身幅、肩幅で測ります。これらはサイズ感を考える上で基本的な要素になります。

・着丈

着丈は、Tシャツの高さ。ベーシックなTシャツの場合は、あまり長すぎず、お尻に少し隠れる程度の長さが基本になります。着丈が長すぎてお尻が隠れてしまうと、少しアンバランスに見えがち。体型を隠したいがためにゆったりとした服を選ぶ方がいらっしゃいますが、かえって大きく見えてしまう…そんな感じに近くなってしまいます。ただ、重ね着が前提になっている長袖Tシャツは、着丈がもともと長めにデザインされていますので、「お尻に少しかかる+5cm程度」が着丈の目安になります。

・身幅

身幅も着丈同様にちょうど良い長さがあります。身幅は通常、脇の下と脇の下の間の長さですが、少し余裕がある程度の身幅でも、意外にふっくらと見えてしまいます。Tシャツを選ぶ際は、ちょうどよくフィットする身幅のものを選ぶとボディが引き締まり、男らしく見えるようになります。

・肩幅

Tシャツの肩部分、袖の付け根と袖の付け根を結んだ長さが肩幅です。袖の付け根部分が、ちょうど肩の端に来るTシャツがもっともフィットするTシャツです。サイズが大きく、袖の付け根が腕の方に下がってしまうと、ゆったりしすぎて何かだらしなく見えてしまいますので注意が必要です。ちなみに最近は、わざと袖の付け根部分をルーズに作ったドロップショルダーもありますが、こちらは意識してデザインされているので気にしなくてもOKです。

Tシャツのサイズの測り方

Tシャツのサイズを測る場合、着丈と身幅がもっとも重要。平らな場所に置いてメジャーで測ります。すでにご紹介した通り、着丈はTシャツの高さ、身幅は両脇の下間の長さになります。ネットショップでTシャツを購入する場合は、手持ちのTシャツの中から自分にフィットするものを選び、そのTシャツを採寸してから購入するといいでしょう。

Tシャツの素材感について

Tシャツは素材により肌触りや着心地が違います。Tシャツには、主にコットンが使用されますが、ポリエステルなどの化学繊維、コットンとポリエステルの混合繊維などもよく使用されます。素材により特徴が異なるので、それらについて少し解説します。

コットン(綿)

コットンは、「肌触り」「吸水性」「保温性」という面で3拍子揃った素材です。Tシャツのほかにもさまざまな衣類に使われるコットン。通気性も富むため、年間を通して心地よく着ることが可能です。しかし、シワができやすく型崩れしやすい、また吸水性がよく、汗を吸うため、ボディカラーによっては汗染みが目立ちやすい、という特徴も持っています。

コットンにも種類があり、高級なTシャツには、化学肥料などを一切使わずに育てられたオーガニックコットンが使用される場合があります。オーガニックコットンは、ふわっとした着心地が長続きするため肌に優しいという特徴があります。

ポリエステル

ポリエステルは石油由来の化学繊維です。Tシャツ以外にもさまざまな衣類に使われている素材は「速乾性」があること、そして型が崩れにくく、シワになりにくいという特徴を持っています。コットンはTシャツを着用する上でのメリットは多いのですが、洗濯すると型が崩れやすいことが難点です。ポリエステルはその点、乾きやすく型崩れが少ないので洗濯しやすいのですが、擦れには弱いため、洗濯ネットを使って洗った方がいいでしょう。気を遣わずに洗濯すると、洗濯物同士が擦れ合うことで毛羽立ちや毛玉が発生することがあります。

生地の重さ(厚み)の目安

Tシャツのボディは、重さの単位・オンスで厚みを表します。このオンス表示は、Tシャツを購入する際の目安にすることができます。たとえば、数字の小さい3オンスのTシャツは生地が薄く、軽い着心地だと考えられます。数字が大きくなればなるほど生地は分厚くなり、着心地はかたくなりますが、丈夫になります。また、白や薄い色のTシャツの場合は、透けるか透けないかの目安となります。数字が小さいほど透けやすいボディだと言えるでしょう。

Tシャツをオシャレに着こなすポイント

ここからは、Tシャツをオシャレに着こなすためのポイントをご紹介していきます。Tシャツは、ちょっとしたポイントを押さえることでオシャレ度、好感度がアップします。

重ね着

Tシャツは、それ単体で着てももちろん楽しいのですが、重ね着を取り入れるともっと着こなしは広がります。Tシャツはインナーとしてもアウターとしても使えるオールラウンダー。アンダーウェアと重ねて裾から「ちょい見せ」、逆にベストなどを上に重ねてもいいでしょう。ワークシャツとの組み合わせもオススメです。

インナーを着る

インナーを着ることも「重ね着」と言えるかもしれませんが、この場合、Tシャツをインナーとして着るのではなく、アンダーウェアを下に重ねて汗や透けが目立たないようにします。機能的な着こなしとでも言った方がいいかもしれませんが、好感度アップのためにはとても有効なアイデアです。

基本はホワイト、ブラック、グレー

「冒険がない!」と感じるかもしれませんが、やはりホワイト、ブラック、グレーの無地Tシャツは使いやすいのです。とりあえずこの基本の3カラーを揃えておけば、ほかのウェアとも相性抜群。さまざまな着こなしに合わせることが可能です。